Sie befinden sich hier: ホーム » 文化と観光 » 文化 » 博物館
Menü wird geladen ...

Öffnungszeiten

Montag
9.00 - 13.00 Uhr

Dienstag
9.00 - 13.00 Uhr und
14.00 - 18.00 Uhr

Mittwoch
geschlossen

Donnerstag
9.00 - 13.00 Uhr und
14.00 - 16.00 Uhr

Freitag
9.00 - 13.00 Uhr

Einwohnermeldestelle:
zusätzlich
jeden 1. und 3.
Sonnabend im Monat
9.00 Uhr - 12.00 Uhr

Menü wird geladen ...

Online-Buchen

Veranstaltungen

Ausstellung

Alle Termine zu dieser Veranstaltung 02.12.2017 - 27.05.2018

- Vom Königshof zum Räubernest - die Burgenlandschaft im nördlichen Harzvorland - Eine Ausstellung...

Artikel (jp)

博物館

Testbild 2348px

城博物館

Schlossberg 1
Tel. 03946/905681
Fax 03946/905689

16世紀から17世紀のルネサンス風の城を利用した博物館ではこの地域の植民の歴史(先史時 代、青銅器時代、そして中世初期)、ハインリヒ1世が居城として定めたシュロスベルク(城山)と女 子修道院の発展の歴史、さらに街の歴史にも焦点をあてた展示をご覧いただけます。

興味深い展示品としてはレーホフ地域から発掘された青銅器時代の出土品や金製の装飾品です。 またRaubgrafenkastenで呼ばれ、伝説によると1337年、伯爵であったアルブレヒト2世がク ヴェトリンブルクの市民によってこの中に監禁された見世物牢屋があります。女子修道院長が かつて住んでいた寝室や居間、豪華な王座の間や青の間もご覧いただけます。

入場料:
大人: 4.00 €
割引: 2.50 €
ファミリーカード: 9.00 €
シュロスベルクカード: 7.00 €
(このカードで城博物館と司教座教会に入場いただけます。)
カルチャーカード: 8.50 €
(このカードでクロップシュトック博物館と木組み博物館にも入場いただけます。)

開館時間:
4月- 10月
火曜日 - 日曜日: 10:00 - 18:00
11月- 3月
火曜日- 日曜日: 10:00 - 16:00
月曜日は閉館となります。

ライオネル-ファイニンガー美術館

シュロスベルク(城山)の麓のシュロス広場のそばにライオネル-ファイニンガー美術館があります。 この美術館は1986年にオープンし、ヨーロッパの中でも特に幅広いファイニンガーの作品を所蔵 しています。ドイツ系アメリカ人で、画家でもありグラフィックアーィストでもあったライオネル・ファイ ニンガー(1871-1956)は〟クラシック・モダン芸術〝の代表者と言えるべき存在でした。1919年に
は、バウハウス初代校長グロピウスの誘いで教鞭をとり、そこでの彼の存在はバウハウスに大きな 影響を与えています。友人であったクヴェトリンブルクのヘルマン・クロンプ氏が、当時のナチスの 弾圧から彼の作品をかくまったお陰で、今日のライオネル・ファイニンガーギャラリーが生まれ変わ ることが出来たのです。

この美術館では1906年から1937年にかけて描かれた木版画、銅版画、石版画、水彩画、線描 写画、スケッチ、そして初期の段階に描かれた油絵などをを時代別、テーマ別、様式別に展示し、 また同時に彼の精神的、芸術的歴史背景も関連してご覧いただけます。

ライオネル・ファイニンガー美術館は月曜日を除いて、毎日開館しております。 改築工事・祝日な どによる閉館日は直接美術館にお問い合わせください。

クロップシュトック博物館

Schlossberg 12, Tel. 03946/2610 and 03946/905691, Fax 03946/ 515975
E-Mail: klopstockhaus@quedlinburg.de
インターネット: www.quedlinburg.de

詩人フリードリッヒ・ゴットリープ・クロップシュトックの生家であるこの家は約1560年頃に建てられ、 まさにその時代はザクセン風木組み建築様式の黄金時代であり、クヴェトリンブルクにある重要な 文化財の1つとなっています。

1899年以来、このクロップシュトック博物館は伝記的、文学的な博物館として詩人の人生や作品 に焦点をあてて紹介してきました。彼の叙事詩的な作品は文学の歴史において感銘深い転機を 与えています。彼の作品はクラシックドイツ文学においての基礎的な土台を作り上げ、後世の詩人 達に今もなお刺激を与え続けています。

クロップシュトック博物館では更に18世紀から19世紀にかけて活躍したクヴェトリンブルクの重要 な人物の軌跡をたどることができます。まずドイツ人女性としで初めて医学の資格を与えられたクリ スティアーナ・ドロテア (1715-1762)です。他にもドイツの教育学者で、体操の創始者の1人でもあ るヨハン・クリストフ・フリードリッヒ グーツムース(1759 - 1839), ドイツの地理学者、教育家である カール・リッター (1779 -1859)等の展示があります。

入場料:
大人: 3, 50€
割引: 2, 60€
ファミリーカード: 8.00 €
カルチャーカード : 8.50€-
(このカードで木組みの家博物館と城博物館も入場いただけます。)

開館時間:
4月- 10月: 水曜日 - 日曜日: 10:00 - 17:00
(月曜日と火曜日,閉館)
11月- 3月: 水曜日 - 日曜日: 10:00 - 16:00
(月曜日と火曜日, 閉館)
12月24日、25日、31日、1月1日は休館となります。

木組みの家博物館 シュテンダーバウ

Wordgasse 3, Tel. 03946/3828; Fax 03946/515975

クヴェトリンブルクに広がる昔の中世の街並みはシュロスベルクと共にユネスコ世界遺産に登録さ れています。戦災を免れ、見事に保存された約1300もの木組みの家があるクヴェトリンブルクはド イツの中で最も木組みの家が多く残る街です。.

この木組みの家博物館は14世紀に建てられた家を利用した博物館です。特に上の階が前の方 にせりだしていないのが特徴で、Standerと呼ばれる垂直の柱が地面から屋根まで通っています。 この建築方法はStanderhau(つきぬけ方法)といいます。Stander建築は木組みの古いスタイル のひとつで、年代測定の結果、この家はクヴェトリンブルクで一番古い木組み建築ということがわ かっています。

この博物館では14世紀から19世紀にかけての木組み建築の歴史やこれまで行われてきた木組 みの修復や復元の方法を知ることができます。また、模型を用いて木組み様式の発展を分かりや すく展示し、木組み建築についてより知ってもらおうと、木組みの家につかう材料や建築道具は実 際手に取ってみることができます。

入場料:
大人 3, 00 €
割引: 2.00 €
ファミリーカード: 7, 00 €
カルチャーカード 8.50 €
(このカードでクロップシュトック博物館と城博物館も入場いただけます。)

開館時間:
4月 - 10月: 金曜日 - 水曜日 10:00 - 17:00
(木曜日 閉館)
11月- 3月: 金曜日- 水曜日 10:00 - 16:00
(木曜日 閉館)
12月24日、25日、31日、1月1日は休館となります。

ステンドグラスと工芸博物館

Word 28, 06484 Quedlinburg

発見と体験型の博物館
Word通りには貯蔵庫として使われていた17世紀の歴史的建築物を利用した博物館があります。 ここではまず独特な梁の構造を持つ木組みの家をみることができます。この博物館では魅力的な 木組みの家とステンドグラス芸術を合わせて鑑賞頂け、ステンドグラスのアトリエと光と色の効果を 見せてくれるデモンストレーションは子供のみならず大人でも楽しめます。


開館時間:
5月-12月:
火曜日-金曜日: 10:00 - 17:00
土曜日-日曜日: 11:00 - 16:00
月曜日: 閉館

ミュンツェンベルク博物館

ミュンツェンベルクのマリア修道院
シュロスベルクの向かいには女子修道院長であったマティルデの兄弟オットー2世の早すぎる死 を悼み設立されたマリア修道院の遺跡があります。1525年に農民戦争が起こるまで、ここにはベ ネディクト修道会の人々が住んでいました。しかし農民の暴動はこのマリア修道院にまで及び、激 しい略奪の上、廃墟と化してしまいました。10年後、この地には貧しい音楽家やよろず屋、刃物の
研師が住み着くようになりました。マリア修道院の遺跡はミュンツェンベルクの丘にひしめく木組み の家々の下にあり、今では外からは確認することができません。ここではこの修道院の歴史などを 知ることができ、当時の生活用品などもご覧頂けるようになっています。

Münzenberg 16, 06484 Quedlinburg
開館時間:
月曜日 - 水曜日, 金曜日
10:00 - 12:00, 14:00 - 17:00
土曜日, 日曜日, 祝日
10:00 - 12.00; 14:00 - 18:00
木曜日: 閉館

中部ドイツ鉄道とおもちゃ博物館

Blasii Straße 22, Tel. 03946 /3751
この中部ドイツ鉄道とおもちゃ博物館はクヴェトリンブルクのカルチャーシーンを多彩なものにして
いることは間違いありません。この博物館には約3000もの展示品があり、興味深いものとしては1
880年から1980年までの鉄道のコレクションをご覧いただけます。その中でもトラック1、トラック0、
トラックS、HOを走る鉄道モデルはドイツ語圏の中でもっとも重要なコレクションになります。多くの
鉄道模型会社、特にメルクリン製の初期の鉄道模型、線路、駅、ランプといった付属品のクオリ
ティの高さにも驚かされます。さらに外国製の鉄道模型も展示しております。

2階にはこの博物館のオーナーのコレクションである、貴重な人形、ドールハウス、ゲーム、子供用
の本やおもちゃの農場などが展示されています。博物館にはエレベータがございます。

入場料:
大人: 3.50€
子供: 2.50€

開館時間:
4月- 10月, 12月
毎日: 10.00 - 17:00
日曜/祝日: 11:00 - 16:00
11月, 1月- 3月
月曜日- 土曜日: 10:00 - 16:00
日曜/祝日: 11:00 - 16:00

| drucken