Sie befinden sich hier: ホーム » 文化と観光 » テーマ » 女性の地
Menü wird geladen ...

Öffnungszeiten

Montag
9.00 - 13.00 Uhr

Dienstag
9.00 - 13.00 Uhr und
14.00 - 18.00 Uhr

Mittwoch
geschlossen

Donnerstag
9.00 - 13.00 Uhr und
14.00 - 16.00 Uhr

Freitag
9.00 - 13.00 Uhr

Einwohnermeldestelle:
zusätzlich
jeden 1. und 3.
Sonnabend im Monat
9.00 Uhr - 12.00 Uhr

Menü wird geladen ...

Online-Buchen

Veranstaltungen

Ausstellung

Alle Termine zu dieser Veranstaltung 02.12.2017 - 27.05.2018

- Vom Königshof zum Räubernest - die Burgenlandschaft im nördlichen Harzvorland - Eine Ausstellung...

Artikel (jp)

女性の地

女性の地

クヴェトリンブルグ-女性の強い街

2000年より、 \"FrauenOrte- Frauengeschichten in Sachsen-Anhalt (女性の地-ザクセンアンハルト
州の女性の歴史)\"というプロジェクトが始まり、女性の歴史にゆかりのある町の所々に標識が立て
られ、そこには女性の歴史、生活や仕事などの環境が書かれました。
このようなプロジェクトはドイツ全土を見渡しても類を見ない試みであり、これまで1000年もの歴史
と共に32ヶ所にまで広がっています。
FrauenOrte - Frauengeschichte in Sachsen-Anhalt

プロジェクト

クヴェトリンブルグはザクセンアンハルト州においての「女性の権利」に強い町であり、この地域の 女性の歴史や発展はおよそ900年に渡っています。

クヴェトリンブルグは当時の統治者であったオットー一族のお城や家族の修道院よりも、女王マチ ルデ、女帝アーデルハイド、テオファノ、そして修道院長であったマティルデがより頻繁に訪れ、長 期間滞在した地なのです。

彼女達は夫達の相談役として、また副統治者として政治に積極的に関わりました。当時わずか3 歳だったオットー3世に代わり、彼女達は何年にも渡り行政的業務を担い、そしてクヴェトリンブル グ城では重要な帝国会議が行われました。

997年、オットー3世は自分がイタリアに滞在する間、叔母であり、そして修道院長でもあるマティ ルデを自分の代理として国を統治させました。999年に彼女は亡くなりましたが、多くの成功を収 め、そしてさまざまな任務を成し遂げました。また、修道院の38名の女性後継者達においても、さ まざまな影響を地域の発展に与え、その中の一人、アンナ2世は1539年に修道院とクヴェトリンブ ルグの街のために改革運動を率先して行いました。

19世紀には、クヴェトリンブルグは修道院が所持していた広大な庭と田畑森林の植物の根をきっ かけに世界に通用する植物栽培の中心地とまで呼ばれるまでに発展しました。その広大な土地で 人々が庭のプロへと成長し、土地での栽培研究を通して、植物栽培における重要な条件を見出し たのです。この関連で、注目すべき一人の女性がいます。1754年博士号を取得したドロテア ク
リスティアーネです。彼女はクヴェトリンブルグの医者の娘であり、牧師の妻であり、そして9人の子 供の母でした。そして何より、彼女はドイツで初の女性医なのです。彼女が生まれ、そして亡くなっ た家はSteinweg という通りの51番地にあり、そこはクヴェトリンブルグで2番目に重要な「女性の 地」となりました。

| drucken