Sie befinden sich hier: ホーム » 文化と観光 » テーマ » 木組みの街
Menü wird geladen ...

Öffnungszeiten

Montag
9.00 - 13.00 Uhr

Dienstag
9.00 - 13.00 Uhr und
14.00 - 18.00 Uhr

Mittwoch
geschlossen

Donnerstag
9.00 - 13.00 Uhr und
14.00 - 16.00 Uhr

Freitag
9.00 - 13.00 Uhr

Einwohnermeldestelle:
zusätzlich
jeden 1. und 3.
Sonnabend im Monat
9.00 Uhr - 12.00 Uhr

Menü wird geladen ...

Online-Buchen

Veranstaltungen

Feininger-Galerie - Ausstellung

Entrissene Logik

Alle Termine zu dieser Veranstaltung 28.10.2017 - 29.01.2018

Stefan Wewerka - Inspirationen aus dem Archiv. Eine Kooperation mit dem Forum Gestaltung Magdeburg.

Ausstellung

Alle Termine zu dieser Veranstaltung 02.12.2017 - 27.05.2018

- Vom Königshof zum Räubernest - die Burgenlandschaft im nördlichen Harzvorland - Eine Ausstellung...

Artikel (jp)

クヴェトリンブルクの木組み建築

Fachwerkhaus in der Hölle

クヴェトリンブルクは年世紀にも渡って途切れることなく様々な様式の木組みの家が建てられてき ました。そのおかげで、今日では街を歩くだけで木組みの家の歴史を辿ることができるのです。クヴェトリンブルクが1994年以来ユネスコ世界遺産 として登録されている理由の1つでもあります。

いわゆる「シュテンダーバウ」という建築方法で1350年頃に建てられたこドイツで最も古い木組み の家の1つがクヴェトリンブルクにあります。 この建築方法の特徴は垂直の柱が地面から屋根ま で通っています。

その後、後期ゴシック時代には家の上の階がぐんとせりだしている木組みが登場します。Breiten通り33番地ではこのような様式とともに独特なフリーズ(帯状)装飾彫刻が施された家を見 ることができます。

1 6世紀の中頃にはニーダーザクセン風のスタイルが登場します。典型的な特徴は太陽をモチー フにした装飾です。 また露出している梁の端にも飾り付けがされています。 敷居の上には星、バ ラ、編んだリボンなどの幾何学模様で飾られた家はDie Hoelle という通りにある家で見ることがで きます。

Breite通りにあるGildehaus zur Roseには次のルネサンス時代を特徴づける窓下の壁のふんだん な装飾や飾りアーチが施されています。30年戦争の後に、クヴェトリンブルクでは活発な建築ブームがおき、その中でクヴェトリンブルク特 有のスタイルが生まれます。その中で特徴的で多くみられるのが、ダイアモンドのカットのような形 をした逆ピラミッド型とよばれるものです。 Erker と呼ばれる張り出し窓も人気を博します。

バロック時代は上の階がせりでしていないスタイルが特徴です。梁の端と継ぎ目はファサードの後ろに隠れて見ることができません。 水平な線と切妻屋根とマン サード屋根(勾配が上部では緩く、下部は急で屋根裏部屋に利用)がこのスタイルをより特徴づけ ています。

Neuer Weg 7番地にある堂々とした作りの家はロココ時代のものです。擬古主義(過去の或る時代 の形式を崇拝模倣しようとする懐古敵ナ主義)時代の木組みの家の特徴は柱が二重にたてられて いるところです。これを最後に、木組みの家の建築様式の最盛期は終わりを迎えます。

| drucken